基礎化粧品に悩み続けてうん十年・・・

50代に入ってくると、化粧品選びもすごく悩みます。社会人になってから、外国製の化粧品を使用してきました。基礎化粧品は、クリニーク、美容液はエステーローダー、おしろいはゲラン、リップはシャネルといった具合です。

そのおかげで、肌の調子は50代にしては、若いと言われます。やっぱりお金をかけると違うのかなぁとかずっと思っていました。でも、50代になってきて、基礎化粧品のクリニークが合わなくなってきました。香りも何となく気になるし。

価格も円安傾向になってくると、あまりお得な感じもないし。そこで、最近は日本製を試し始めています。特に、アンチエイジングに力を入れているメーカー富士フィルムのアスタリフトは、自分の肌に合うかなーと思っています。

だけど、価格が結構しますから、使い続けられるかどうか不安です。で、最近はネットでよく宣伝されて試供品も安く手に入るDHCやら味の素が出してる化粧品にも手を出しています。

こちらは、お値段はまぁまぁで、使った感じも悪くありませんでした。いつも悩むのは、美白に力を入れるか、シミ、シワをなくすかということです。

両方とも力をいれてる化粧品もありますけど、どちらかに焦点を置いた方が効き目があるような気がして。こうやって書いてくると、どうやら最近は基礎化粧品がすごく気になってる自分に気づきました。